仙台七夕の作成販売 .
七夕の鳴海屋紙商事(株)トップページへ 七夕 七夕飾り 七夕画像 企業情報 ウェブショップ
HOME > 「七夕まつり歴代ポスター大全集」 お申込みフォーム

  七夕

七夕(しちせき、たなばた)
七夕(しちせき、たなばた)は、日本、中国、朝鮮などにおける節供、節日の一つです。旧暦の7月7日の夜のことですが、日本では明治改暦以降は7月7日または月遅れの8月7日に多く七夕祭りが行わました。

七夕は五節句の一つにも数えられております。古くは、「七夕」を「棚機(たなばた)」とも表記し、今日に至り、一般的に「七夕」を「たなばた」と発音するのはその名残と言われております。 元来、中国での行事であったものが奈良時代に伝わり、もとからあった日本の棚織津女の伝説と合わさって生まれた言葉と拝察できます。

五節句…人日の節句 上巳の節句 端午の節句 七夕の節句 重陽の節句

七夕の起源
日本古来の豊作を祖霊に祈る祭(現在のお盆)に、中国から伝来した女性が針仕事の上達を願う乞巧奠(きこうでん)などが習合したものと考えられております。

七夕伝説は『文選』の中の漢の時代に編纂された「古詩十九編」が文献として初出とされており、南北朝時代の『荊楚歳時記』、その他『史記』等の中にも記述があります。

『荊楚歳時記』には7月7日、牽牛と織姫が会合する夜、婦人たちが7本の針の穴に美しい彩りの糸を通し、捧げ物を庭に並べて針仕事の上達を祈ったと書かれております。

日本語「たなばた」の語源は『古事記』でアメノワカヒコが死にアヂスキタカヒコネがきたおりに詠まれた歌にある「淤登多那婆多」(弟棚機)、または『日本書紀』葦原中国平定の1書第1にある「乙登多奈婆多」に因ると言われております。

日本では奈良時代に節気の行事として宮中で行われていました。また、萬葉集では大伴家持の歌「棚機の今夜あひなばつねのごと明日をへだてて年はながけむ」など七夕に纏わる歌が存在します。

本来、宮中行事であったが、織姫が織物などの女子の手習い事などに長けていたため、江戸時代に手習い事の願掛けとして一般庶民にも広がりました。

牽牛(けんぎゅう)と織女(しょくじょ)
むかし、天に織女(しょくじょ)という手芸にすぐれ、機織が巧みな娘がいました。ところが牽牛(けんぎゅう)という婿を迎えてからは、手芸をおろそかにし、機織も怠けだしたため、天帝(てんてい)は怒って、牽牛を銀河の対岸に別居させ、年に一度、七月七日の夕べにだけ逢うことを許しました。
それ以来、牽牛はこの日が来ると天の川を渡って織女に会いに来るという伝説があって、中国では七月七日にこの牽牛と織女のニ星を祀って技芸の上達を祈る乞巧奠という行事がおこなわれてきたと伝えられていました。

七夕伝説の星
 織女(織姫):こと座べガ
 牽牛(彦星):わし座アルタイル

洒涙雨(さいるいう)
七夕に降る雨を「洒涙雨(さいるいう)」といい、織姫と彦星が流す涙だと伝えられております。

七夕の天の川
太陰太陽暦では、必ず上弦の月となるので、これを牽牛が乗り込む船に見立てることもりました。そして夜遅くには月が沈み、月明かりにかき消されていた天の川が現れてきます。ただし、近年の日本国内では光害の影響により、月が沈んだ後であっても天の川を見ることができる場所は限られております。
グレゴリオ暦(新暦)では、月の満ち欠けは毎年異なるため、月明かりの影響により天の川が全く見えない年が多いです。

七夕の風習
殆どの神事は、「夜明けの晩」(7月7日午前1時頃)に行うことが常であり、祭は7月6日の夜から7月7日の早朝の間に行われます。午前1時頃には天頂付近に主要な星が上り、天の川、牽牛星、織女星の三つが最も見頃になる時間帯でもあります。

全国的には、短冊に願い事を書き笹に飾ることが一般的に行われております。短冊などを笹に飾る風習は、江戸時代から始まったもので、日本以外では見られません。「たなばたさま」の楽曲にある五色の短冊の五色は、五行説にあてはめた五色で、緑・紅・黄・白・黒をいいます。中国では五色の短冊ではなく、五色の糸を吊るします。さらに、乞巧奠は技芸の上達を祈る祭であるために、短冊に書いてご利益のある願い事は芸事であるとされております。

イモの葉の露で墨をすると習字が上達すると謂れ、7枚のカジ(梶)の葉に歌を書いてたむけます。俊成の女の歌に「たなばたのとわたるふねの梶の葉にいくあきかきつ露のたまづさ」とございます。

このようにして作られた笹を7月6日に飾り、さらに海岸地域では翌7日未明に海に流すことが一般的な風習です。しかし、近年では飾り付けにプラスチック製の物を使用することがあり海に流すことは少なくなりました。地区によっては川を跨ぐ橋の上に飾り付けを行っているところもあります。

地域によっては雨乞いや虫送りの行事と融合したものが見らます。

北海道では七夕の日に「ローソクもらい(ローソク出せ)」という子供たちの行事が行われてます。

近年の台湾では、バレンタインデーと同様に男女がプレゼントを交換する日とされてます。

他方、商店街などのイベントとしての「七夕まつり」は、一般的に昼間に華麗な七夕飾りを通りに並べ、多くの観光客が見物に訪れます。

日本の七夕祭
各地の「七夕祭り」のうち、戦後に始まったものの多くは仙台七夕をモデルとしていると言われております。仙台では、伊達政宗が婦女に対する文化向上の目的で七夕を奨励したため、藩政時代から武家・町人ともに年中行事として各戸の軒先に笹飾りを出しておりました。しかし、1873年(明治6年)の新暦採用を境にして年々この風習は廃れ、第一次世界大戦後の不景気以降はそれに拍車がかかりました。このような事態を憂えた商店街の有志により、1927年に大規模に飾りつけが行われました。すると、大勢の見物客で商店街は賑わいました。これ以降、「七夕祭り」が集客力のある商店街イベントとして認知され、現在では都市イベントとなるまで発展しております。飾りつけに見られるくす玉も、仙台七夕が発祥であります。

「七夕祭り」は、神輿や山車を用いる祭りと異なり、飾り付けを前日までに終えれば祭り当日に人的に借り出しがなされず、商店前の通行規制も少ないため、商店街の機能を低下させることなく買物客を集められるという意味で、商店街との親和性が高いイベントです。そのため成功例の仙台七夕を模範に、戦後の復興期以降、商店街イベントとしての「七夕祭り」が東日本を中心に日本各地で開催されるようになり、現在では都市イベントにまで発展している例も多いです。

七夕飾りによる昼間の商店街イベントと夜の花火という組み合わせがよく見受けられますが、2001年から始まった松坂七夕まつりのように、商店街イベントではなく、河畔で行われるステージと花火による地域イベントを「七夕祭り」とする例もあります。

主な七夕祭り
旧暦・月遅れに行う地域
  • 秋田県湯沢市(七夕絵どうろうまつり)浮世絵美人が描かれた数百の絵どうろうを特色とする、約300年の伝統をもつ七夕です。
  • 宮城県仙台市(仙台七夕は東北四大祭の1つで、全国的に最も有名な七夕祭です。)
  • 福島県いわき市(平七夕祭)旧平市地域
  • 茨城県水戸市(黄門祭)
  • 茨城県土浦市(キララ祭)
  • 群馬県桐生市(桐生八木節まつり)
  • 埼玉県狭山市(入間川七夕祭)
  • 埼玉県小川町(小川町七夕まつり)
  • 埼玉県ふじみ野市(上福岡七夕まつり)旧上福岡市地域。8月第1週末の土日
  • 千葉県茂原市(茂原七夕まつり)7月最終日曜日を最終日とする3日間
  • 東京都杉並区(阿佐ヶ谷七夕まつり)阿佐谷地域
  • 東京都福生市(福生七夕まつり)
  • 神奈川県相模原市(橋本七夕祭り)
  • 富山県高岡市(高岡七夕まつり)中心市街地
  • 石川県珠洲市(宝立七夕キリコ祭り)
  • 愛知県安城市(安城七夕まつり)8月第1週末の金曜・土曜・日曜の3日間
  • 愛知県一宮市(おりもの感謝祭一宮七夕まつり)7月最終日曜日を最終日とする4日間
  • 三重県松阪市(松阪七夕まつり)
  • 山口県山口市(山口七夕ちょうちんまつり)
  • 香川県木田郡三木町(三木町いけのべ七夕まつり)
新暦に行う地域
  • 北海道函館市(七夕祭り)子供たちが「竹に短冊七夕祭り、大いに祝おう、蝋燭一本頂戴な」と歌いながら蝋燭やお菓子をもらいに近くの家を訪ね歩くハロウィーンのような特徴があります。
  • 神奈川県平塚市(湘南ひらつか七夕まつり)
  • 富山県高岡市(戸出七夕まつり)旧戸出町(戸出地区)地域
  • 静岡県静岡市(清水七夕まつり)旧清水市(現清水区)地域


仙台 七夕
仙台七夕開催情報
仙台七夕の特徴
仙台七夕の歴史
古えの仙台と七夕飾り
七つ飾り
七つ飾りの作り方
七夕飾り設営風景 2005年
書籍「七夕七彩」のご案内
七夕七彩ご注文フォーム
七夕 諸説

干支のペーパークラフト

浪漫竹(中)組み立てキット

ミニ七夕浪漫竹

オンラインショップ



書籍七夕七彩


七夕の鳴海屋紙商事(株)

Copyright(C) 2017.NARUMIYA KAMISHOJI.CO.LTD All Right Reserved